コテコテのプロバイダ乗り換えお得情報やで

ベタ過ぎるやろ!ってくらいの情報や

auひかりでもっとお得に

読了までの目安時間:約 2分

フレッツ光からauひかりに乗り換える場合、再度工事が必要になるデメリットがありますが、それ以上に料金面でのメリットが大きいです。

 

まずauひかりはフレッツ光と比べて対応しているエリアが狭いんですが、運よくエリアに入っているなら一度は検討をおすすめします。auユーザーなら尚更です。

 

肝心の料金面ですが、フレッツ光よりも月1,000円ほど安いです。上で書いたauユーザーならスマホの割引が効いてさらに安くなります。家族全員がauユーザーならトータルで5,000円以上安くなることもあります。

 

デメリットの工事が必要な件ですが、工事費は同額分が月々の料金から引かれるキャンペーン(携帯の機種代金と同じ考えのやつです)があるので、金額面での負担はありません。注意点としては契約満了前に解約した場合、残債分を支払う必要があります。

 

auひかりの加入キャンペーンではキャッシュバックがメインになっています。フレッツ光でメジャーな家電製品が特典になっているものはまず見かけません。キャンペーンの優劣は月額とキャッシュバック額の比較でOKです。

 

いろんなキャンペーン比較サイトがありますが、こちらのauひかりキャンペーン.comが特にシンプルでおすすめです☆

快適にインターネットが出来る良い時代

読了までの目安時間:約 2分

ブロードバンドと言われるようになって久しいですが、フレッツ光に変えてから何年が経つでしょうか。新しい回線が登場する度に乗り換えてきた気がします。

 

一番最初に使ったのが28.8kbpsのアナログ回線でした。接続するのにぴーがちゃーと発信音がするのを思い出します。今考えると信じられないような遅さでした。ダウンロードすると秒間2kバイトとか程度しか出なかった気がしますね。遅すぎる上にプロバイダの接続料金が従量制だったので、見たいホームページをまとめてダウンロードするソフトウェアをよく利用していました。

 

それを使って一気にダウンロードした後、回線を切断してゆっくりとホームページを閲覧するんです。それからISDNに変わり、ちょうどテレホーダイが登場しました。確か、夜の11時以降になると定額料金で使えるというサービスで、お金をかけたくないので夜更かしをしていたのを思い出します。こういう時代に比べたらいまのフレッツ光を利用できる環境は天国のようなものです。

 

回線速度も早く、Youtubeの動画もがんがん見放題です。本当に良い時代になったと思います。これからビデオオンデマンドと言われるようなインターネット上でのビデオ配信が本格的になってくるのでしょう。そういうときに、やはり速い回線は必須ですからフレッツ光で良かったなと思いますね。いまは100Mbpsプランに加入していますが、もうちょっとしたら更にその上の10000Mbpsプランへの加入を考えています。そうしたらもっと通信速度があがって快適になるのでしょう。本当に良い時代になりました。

光回線に変更したら通信速度が速くなった

読了までの目安時間:約 2分

私は引越しを機に回線を光回線に変えました。それまではフレッツ光のフレッツADSLを使っていたのですが、ADSLは通信速度が遅くてサイトがなかなか表示されずイライラすることが多かったのです。

 

なので引越しをするとなったときにフレッツ光の契約プランを変える必要があったので、CMで通信速度ナンバーワンと言っているフレッツ光ネクストスーパーハイスピードタイプ隼に変更することに決めました。

 

フレッツ光ネクストスーパーハイスピードタイプ隼以外にもプランはあったのですが、聞いた事のあるプランだし、CMの印象が強く残っていたので、迷うこともなくこのプランを選びました。

 

名前からしてものすごく早そうだと感じる名前なので、これは通信速度がとても速くなるのではと期待したのです。私はサイトがちょっとでも表示スピードが遅いとすぐにイライラしてしまうのです。

 

そして光回線の工事が終わって私はすぐにパソコンを起動させ、今までサイトの表示スピードが遅かったところを閲覧してみました。するとビックリするほど表示スピードが速かったのです。回線が変わるだけでここまで早くなるものかと驚きました。

 

通信速度がナンバーワンというのはありがち間違いではなく、本当なのかもしれないと感じました。しかしそれも毎日そのスピードだと慣れてくるのか、最初ほどの速いという思いはなくなってきました。スピードに慣れてくると、もっと早くなればいいのにと思うようになり、欲がつきません。

NTTの光回線にかえて

読了までの目安時間:約 3分

1年来たかな。ダイヤル回線からISDN、ADSLとかわっていって光回線に変わってそのなかの隼とかいうコースに電話ですすめられて今にいたってます。

 

どういうふうに中身が変わって行ってるのかは専門家でないから詳細はわかりません。説明はいろいろ聞くのですが、とにかく前のより早くなるということだけです。

 

だけど費用が高くなり貧困家庭にはちょっと贅沢なかんじかな。でも、いまどき、流れに沿ってないと、段々遅れてついていけなくなるからつい申し込みます。

 

とはいってもパソコンもバージョンがあがっていくのが早くていろいろランニングコストもかかり、頭が痛いです。

 

うちの家は山手にあって光はそのことは関係ないとは言うけれどあまりスピードが上がっているようには感じません。

 

パソコンのエラーやウィルスやプロバイダー矢サーバーの不具合とかメンテとかいろいろありますが、機械おんちにはその対処に四苦八苦しています。

 

電波は関係ないのかな。でも無線のほうはやはり山手だとつながりにくいとなるとWIFIなどの光回線からの無線もつながらないのかな。

 

それで、いまは無線は足踏み状態です。また、携帯とのやりとりや互換性などもまだまだ情報、知識不足です。

 

中高年から老年になっても使い続けるとなるともっとわかりやすいマニュアルか操作のものを早く開発していただけるとうれしいですね。

 

どうもヘルプサポートへ電話したりきてもらったりして説明するのが苦手な私は、いつもどきどきしてトラブルやこまったときに光回線のサポートの電話をかけなければなりません。

もしこんな日記を読んでくださる開発者の人がいればと独り言をかきました。

フレッツ光

読了までの目安時間:約 2分

長い間、ADSLを使用していたんですが回線速度にイライラすることが多かったです。例えば動画サイトでもスムーズに観られない。待たされることが非常に多くてこれがストレスでした。

 

でも調べてみるとまだ自分の住んでいる地域には光が通っていなかったのです。田舎だからもしかすると無理なんじゃないかと思ってたらある日、NTTのほうから光回線が自分の地域で通ることになったので申し込むかどうかという電話がかかってきました。すぐに申し込むことを決めて工事費までが待ち遠しかったです。

 

工事の当日に二名の作業員の方がやってきて天井の裏に配線を通してくれる工事をやっていただきました。しかしここからが大変で、設置工事まではやってくれたんですが接続までの設定はやってくれなくてそれがなかなかできないのです。付属の説明書通りにやってもつながらない。工事と同時に無線LANのカードもつけて貰ったのですがそれの接続設定の仕方が全くわからない。

 

設定なんて簡単にできるだろうとタカをくくってたんだけど大変でした。有線の設定はなんとか自力でできたものの無線LANの設定は結局できず仕舞いで今現在でも全く使ってない状態です。有線の方はやはりそこは光回線のすごさでADSLとは比べ物にならないほどのスピードで満足です。例えばネットゲームをやるにしても今までとか比較にならないほどのスピードでストレスなく楽しむことができるようになりました。もっと早く導入したかったなと思いました。

最近の投稿
メタ情報